FP

ユーキャンFP講座の徹底レビュー!口コミや評判は?

ユーキャンはCMなどでも有名な通信講座の予備校で質の高い教材で評判がよく、講座受講者の中から多数のFP試験合格者を出しています。

しかし、「受講すれば本当に受かるのだろうか?」、「他社と比べてコスパや教材の質はどうなんだろう?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、受講を検討されている人向けに教材のレビューや他社との比較を行っていきたいと思います。

ユーキャンFP講座の特徴

講座の特徴は以下の通りです。

  • 初学者にわかりやすいテキスト
  • AFP認定研修もカリキュラムに含む
  • eラーニングによる学習が可能
  • 添削指導により弱点や課題がわかる
  • 価格は平均よりやや高め
  • オリコン満足度1位
  • 合格者数が多い

市販の本でも、テキストの質の高さが評判となっているように、初学者でもしっかりついていけるような教材・カリキュラムとなっています。

また、CMその他広告などで有名なこともあってか受講生も多く、人気が高いです。

ユーキャンFP講座のメリット

テキストが初学者にわかりやすい

テキストは初学者でも理解しやすいよう丁寧な記述と図表多めの作りとなってます。

市販の教材も毎年販売し、いい評判を得ているようにテキストの作り方にはノウハウがあるのではないでしょうか。

デジタル学習環境がある

デジタル学習環境によって、ネット環境があれば、テキストや提案書作成ナビ、実技対策、問題集の利用が可能です。

このシステムはスマホでも利用できますので、外出先のちょっとした隙間時間に勉強することが可能です。

AFP認定も受けられる

AFP認定研修もカリキュラムに含まれています。

2級の勉強と同時進行でAFP認定研修を受講できたり、先にAFP認定を受けて3級を受けずに2級を受けるということも可能です。

添削指導がある

独自の添削指導により学習上の課題や弱点を把握しやすくなってます。

他社だとこうした個別の指導を行わないところのほうが多いので、独自の強みと言えるでしょう。

合格者数が多い

ユーキャンはCMや広告などで認知度が高いので受講生が多く、2018年度では1183人というかなり多くの人が合格しています。

オリコン満足度1位にも表れている通り、受講生の多さはそれだけ多くの人に信頼されてるということなのだろうと思います。

とはいえ、人気度だけで良し悪しはわかりませんので、カリキュラムをしっかり把握しておきましょう。

ユーキャンFP講座のデメリット

受講料はやや高め

64,000円という受講料は平均からやや高めです。

AFP認定研修を含んでいることからするとコスパは悪くないですが、他社にはもっと安いところがいくつかあるので、値段で妥協したくないなら他社もチェックしておきたいところです。

動画での講義がない

動画の講義がなく、映像と音声での学習ができません。

他社ではほとんどのところで動画講義があるので、大きなデメリットです。

紙媒体での学習だと結局のところ独学と変わらないような学習スタイルとなってしまうので、自学自習が苦手な人はよく検討したほうがよいでしょう。

ユーキャンFP講座の料金プラン・教材・講座内容

受講料

ファイナンシャルプランナー(FP)講座 一括時 64,000円
※分割払い
4,980円×13回 (13ヵ月)
総計:64,740円(税込み・送料当社負担)

料金プランとしては上記の1つだけです。

分割ができるので、すぐお金を用意できない場合でもすぐ受講を開始できるのは助かりますね。

しかも、分割としても740円しか差がないので、ほとんど経済的な負担が変わらないです。

カリキュラム

テキスト メインテキストの6冊
副教材 提案書の作り方―ナビ―(冊子)・実技試験攻略BOOK・ガイドブック・添削と質問関連書類一式・2級FP技能検定試験問題・解答解説・DVD(提案書の作り方―ナビ―)・FP総論テキスト
添削 8回分(科目別6回分と総合模擬試験2回分)
標準学習期間 6ヵ月(受講開始から12ヵ月まで指導)

上記の通り、テキストは分野別に分かれており、それだけ丁寧な作りであることが伺えます。

添削も分野別に1回ずつ用意されているので、抜けがない学習が可能です。

テキスト~デジタル版もあり~

テキストは図表が多めでわかりやすく、記憶に残りやすいよう工夫して作られてます。

FP試験は細かい数字や制度の仕組みを暗記する必要があり、知識の整理が大事となってきますが、図表が多いので混乱せずに覚えられるはずです。

デジタルテキストも利用できるので、外出先や移動中などにスマホでテキストを読むことも可能となってます。

問題集

問題集では本試験レベルに通用するよう応用力をつけていきます。

インプットしたことを正確に記憶、理解できてるかチェックできます。

実技対策

日本FP協会の実技試験である「資産設計提案業務」向けの対策を行います。
※きんざいの実技試験ではないので注意

実技試験は記述の割合が多く、生半可な知識では正答できないのでしっかり対策をすることが大事です。

添削指導

課題を提出すると、解答と解説だけでなく、添削の上、個別にアドバイスをもらえます。

独学だとなかなか自分の弱点や課題がわからないものですが、この添削サービスによって見直すべきポイントをしっかり克服して本試験に臨めるでしょう。

提案書作り方ナビ

提案書の作成に関するテキストとDVDがセットで送られてきます。

実務でFPに関連した業務を行ったことのない人だと、提案書をしっかり作れるか不安になると思いますが、この教材に沿って作成していけば大丈夫です。

ユーキャンFP講座の合格率は?

公式ページを見た限り合格率は確認できませんでした。

公表している予備校としては、ECCとフォーサイトなどがあります(それぞれ全国平均の2倍以上)。

この点だけで比較はできないですが、気になる方はそれぞれの教材やカリキュラムをしっかり比較検討してみましょう。

ユーキャンFP講座はこんな人におすすめ

ユーキャンFP講座は以下のような人におすすめです。

 

  • わかりやすいテキストで勉強したい
  • 添削指導を受けたい
  • AFP認定も受けたい

 

 

ユーキャンFP講座に対するリアルな評判と口コミ

口コミではユーキャンを利用されている方が多い印象を受けました。

やはり認知度が他社に比べて高いのでしょうか。

ただ、現在は他にも価格面、カリキュラム面で優良な講座も多くなってきているので、他社もチェックしておくことをおすすめします。

ユーキャンFP講座と他社の通信講座との比較

料金を安い順に比較

アーティス(基本課程) 22,000円
スタディング 27,800円
アガルート 40,000円
フォーサイト(基礎講座のみ) 51,800円
フォーサイト(基礎講座+過去問講座) 56,800円
ECCビジネススクール 59,800円
フォーサイト(基礎講座+過去問講座+直前対策講座) 61,800円
ユーキャン 64,000円

上記の通り、ユーキャンは平均的か、やや割り高な部類に入ります。

AFP認定研修とセットのところだとアーティスが最安値ラインです。

アーティス「AFP認定研修」は最短2週間以内&8800円で修了可能!【体験レビュー】

続きを見る

ユーキャンにもオンライン学習環境はありますが、コンテンツ的には少ないです。

スタディングやアガルートのほうがオンラインだけで学習できる環境がありますので、スマホやタブレットで勉強したい人はスタディングやアガルートがいいです。

安いFP2級通信講座おすすめ6選を紹介!比較検討しました!

続きを見る

【2022年最新】AFP認定研修講座おすすめ4選!最安はどこ?

続きを見る

【まとめ】ユーキャンは初学者でも学習しやすいテキスト・カリキュラムが魅力

ユーキャンは毎年多くの受講生が受講してて、多数の合格者を出していることからわかる通り、初学者でもついていきやすいテキスト・カリキュラムが用意されています。

ただ、動画講義がなく、価格面も安くないといった点は他社と比べてやや見劣りしてしまいます。

他社のレビュー記事も書いておりますのでそちらも参考にしつつ、ご自身に合いそうなところを選んでいただければ幸いです。

※当ブログではFP資格に関する情報を多く載せてますのでぜひ本記事と合わせてご覧ください。

FP資格(試験の種類・受験資格・勉強法・受験申請)を全解説!

続きを見る

-FP