FP

アーティス「AFP認定研修」は最短2週間以内&8800円で修了可能!【体験レビュー】

悩む人
アーティスのAFP認定研修が気になっている。実際いくらかかって最短どのくらいで修了するのか実際受けた人のレビューを見ておきたい。

本記事では上記のような疑問を解消していきます。

結論から言うと、アーティスのAFP認定研修を実際受講しましたが、以下の通りコスパがよくて、サクッと終わらすことができました。

アーティスのAFP認定研修の概要

・受講料8,800円
・修了まで最短2週間以内
・提案書は実務未経験でも簡単
・質問し放題なので安心
・全てオンラインで完結

AFP認定研修講座は各社提供しているのでどれにしようか迷っている人は多いかと思います。

そんな中、アーティスがいいと聞いても会社自体初めて聞く人も多く、本当に受けて大丈夫なのか不安になってしまうのではないでしょうか。

私自身受講する際には不安でしたが、実際受けたらカリキュラムはとても進めやすく、スムーズに修了し、無事AFP認定されました、

本記事では、筆者がアーティスのAFP認定研修講座を受講の体験を元に、講座の内容を詳しく紹介していきたいと思います。

\最短でコスパ最強・公式サイトはこちら/

アーティスAFP認定研修講座の体験レビュー

本章では、実際にアーティスAFP認定研修講座を受けた体験を元にレビューしていきます。

信頼できる教育機関なの?

アーティスという教育機関を初めて聞き、本当に受講してよいのか不安な人もいるかと思います。

実際、私もAFP認定研修講座を探す過程で初めて知りましたし、安すぎて大丈夫かな?と思いました。

アーティス自体は日本FP協会認定教育機関に正式に認定されている会社です。

1988年に創業した老舗の教育機関でもあり、創業以降、500社以上の金融機関、100以上の団体、事業法人との取引実績もあるため、信頼できる会社と考えてよいでしょう。

受講料は本当にお得?

アーティス
AFP認定研修(技能士課程) 8,800円
LEC
AFP認定研修(Webアップ版) 11,000円
資格の大原 AFP登録コース 20,300円
TAC AFP認定研修講座(技能士課程) 23,100円

上記の通り、大手の有名予備校と比べてアーティスの講座が安くなってます。

それでいてテキストや講義、サポート体制が他社と比較してもしっかりしているのでコスパが大変よいです。

LECもかなり安いほうですが、「Webアップ版」ではフォロー体制がない(質問できない)というデメリットがあるので注意してください。

【2022年最新】AFP認定研修講座おすすめ4選!最安はどこ?

続きを見る

最短だとどれくらいで修了する?

アーティスのAFP認定研修が最短だとどれくらいで修了するのかという点も気になるところではないでしょうか。

まず筆者の体験を元に、研修の申し込みから研修修了し修了証明書受け取るまでの具体的日程を以下にまとめましたのでご覧ください。

3/14 クレジットカードにて受講申し込み&受講開始、即日確認テスト受験&合格

3/21 提案書作成し、メールにて提出

3/25 提案書の採点完了&合格、AFP認定研修修了

3/26 修了証明書発送

3/28 修了証明書受領

仕事しながらでしたがほぼ2週間で修了したことがおわかりいただけると思います。

実際は、仕事しながらなので何もしない日があったり、ちょっとテキスト読んだりするだけの日もありました。

前提知識があって要領がよかったり、1日フルに使える日などがあったりすれば、2,3日以内に終わってもおかしくない分量です。

なるべく最短で終わらしたい場合に、講座選びで注意すべきことを以下にまとめます。

・申し込んでいつから受講を開始できるか
・提案書を研修機関に提出していつまでにその採点をしてくれるか
・研修修了後にどれくらいで修了証明書を発送してくれるか

上記に関して、アーティスだとどれくらいかかるのか整理すると以下の通りです。

・申込決済後すぐ受講可能
・確認テストは即日合格可能なレベル
・提案書の採点は数営業日かかる(最長10営業日)
・修了後、翌営業日に修了証明書発送

以上から、理論上の最短は1週間から10日くらいかと思います。

採点は忙しい時期だと数営業日程度で終わらず最長の10営業日までかかるかもしれません。

働きながらの場合、残業などで進まない日もあるかと思いますので、最短は2週間くらいと考えていたほうがよさそうです。

提案書の課題は未経験でも大丈夫?

AFP認定研修講座受講にあたっては提案書を作成できるかが不安という人も多いかと思います。

内容としては特定のご家族から生活状況のデータをいただき、いろんな悩みについて解決策を提案していくというものです。

具体的には、相談者の資産状況や今後の収入、支出予定を元にして、excelファイルのキャッシュフロー表に数字を入力していく作業があります。

提案書の課題は、FP2級合格後と言えども、実務経験がなければ、最初は自信持って答えられないかもしれません。

しかし、アーティスのAFP認定研修では提案書とキャッシュフロー表の作成手順をしっかり解説してくれてるので、作業が止まってしまうということはありませんでした。

テキストだけでなく動画での解説も用意されているので独学が苦手な人もついていける内容となっています。

アーティスでは、以下のような「提案書」の作成サポート動画を用意してくれているんです。

全9タイトル 約60分(1タイトル約6~7分)

<内容>
作成の途中でつまづきやすい部分を動画で解説します。

各タイトル独立した内容のため、分からない部分のみをピンポイントで試聴することができます。

PC・スマートフォン・タブレットで、スキマ時間に視聴することができます。倍速再生も可能です。

テキストや講義動画を見てわからないことがあっても、eメールで質問を無制限でできるので、安心してカリキュラムを進めることができるでしょう。

\最短でコスパ最強・公式サイトはこちら/

AFP認定研修の提案書は難しい?業務経験なしで受けた結果・・・

続きを見る

アーティスのAFP認定研修講座(技能士課程)

この章では、アーティスのAFP認定研修講座(技能士課程)を詳しく説明していきます。

講座の特徴にはじまり、教材やカリキュラム、サポート体制について1つ1つ見ていきましょう。

オンライン学習環境が充実

アーティスの講座はeラーニングシステムが充実しており、オンライン上で学習できます。

テキストや問題集もWeb上から見れるため、紙媒体の教材を持ち歩く必要がありません。

場所を選ばず、スキマ時間にカリキュラムを進めることができるでしょう。

8,800円から受講可能

AFP認定研修(技能士課程) 11,550円(税込・送料込)・冊子版学習テキスト付
AFP認定研修(技能士課程) 8,800円(税込・送料込)・冊子版学習テキスト無
2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程) 23,650円(税込・送料込)・講義動画付き
2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程) 22,000円(税込・送料込)・講義動画無し

すでにFP2級を受かっている人はAFP認定研修だけを扱っている「技能士課程」を選ぶことになります。

一番安いプランだと料金は8,800円で、「技能士課程」で冊子版学習テキストが無いコースです。

「基本課程」は、2級FP技能士の合格とAFP認定研修の修了を同時に進める人のための講座です。

こちらもセットながら22,000円からとコスパがよいので、FP2級合格も同時目指しているならぜひ検討してみましょう(基本課程については後章にて詳しく紹介)。

提供している教材

以下は「技能士課程」が提供している教材とサポート内容です。

AFP認定研修(技能士課程)
〔冊子版学習テキスト付き〕
・冊子版学習テキスト(上下巻2冊)
・WEB版学習テキスト
・AFP認定研修課題(確認問題、提案書)
・FP総論
・AFP認定研修テキスト
・動画でわかる提案書課題
・質問メール受付サービス
AFP認定研修(技能士課程)
〔冊子版学習テキスト無し〕
・WEB版学習テキスト
・AFP認定研修課題(確認問題、提案書)
・FP総論
・AFP認定研修テキスト
・動画でわかる提案書課題
・質問メール受付サービス

冊子版学習テキスト以外はすべて同じです(Web版学習テキストと冊子版学習テキストの内容は同じ)。

紙媒体のテキストがいい、外出先のオフライン環境で勉強したいという人は、冊子版学習テキスト付きの「技能士課程」を選びましょう。

私自身はWeb版学習テキストのほうを選びましたが、カリキュラムを進める上で特に問題はありませんでした。

修了要件は確認テストと提案書課題の合格

確認テストはFP知識の基礎力を確認するという目的で行われるもので、具体的には以下の要領で実施されます。

テキスト(WEB版学習テキスト・FP総論)学習後、WEB上で受験していただきます。

全30問

60点以上で合格です。合格するまで何度でも受験することができます。

確認テストはFP2級を合格していればテキストを読まずとも即日合格できる内容です。

しかも、不合格だとしても何度でも受験できるので、ある程度基礎知識があるならすぐ受けてしまって問題ありません。

実際、私はFP2級合格済みということもあり、受講開始したその日にすぐ受けて合格できました。

問題なのは提案書の課題で、こちらはFP実務の基礎力を確認する目的で実施されます。

具体的な内容を確認してみましょう。

与えられた顧客の情報と相談内容を元に、ご自身が相談相手のFPとして「提案書」と「キャッシュフロー表」の2つを作成する課題です。

<内容>
WEB上から提案書(Wordファイル)とキャッシュフロー表(Excelファイル)のフォーマットをダウンロードし、そのフォーマット上に完成させた課題を、eメールで提出していただきます。

60点以上で合格です。60点に満たない場合は、再提出することができます。

※提案書の採点結果は、原則として点数のみをお伝えする形となります(減点箇所や減点理由、模範解答等はお伝えいたしません)。ただし、提案書が再提出となった場合は、合格にむけたアドバイスを差し上げますので、初めて提案書を作成される方もご安心ください。

基本的には提案書作成のテキストにそって進めていけば問題ありません。

合格点も60点以上ですので、基本的なところを外さなければ合格点には届くと思われます。

私も提出した時は初めての提案書作成でしたので、どのくらいの点数となるか不安でしたが、採点されてみたら90点以上の余裕の合格でした。

また、回数無制限で質問できる体制があるので、わからない点ばかりであってもあまり不安に思う必要はありません。

提案書作成のテキスト~実務未経験でも進めやすい~

初学者でも提案書作成を進めることができるように作られたテキストです。

実務未経験だった私にもわかりやすかったですし、テキスト通りに進めて提案書を作成し、合格点60点のところ、95点で合格しました。

どういう手順で提案書を作成すればよいか丁寧に指示してくれるので、次にすべきことが明確ですし、挫折することなく進めることができるはずです。

質問は回数無制限で可能

アーティスのフォロー体制は以下のようになっています。

学習を進める中で疑問点があれば、eラーニング受講画面の「質問メール」から質問を受け付けています。

質問回数に制限はなく、受講期間中は何度でも質問できます。

質問を受け付けてから数営業日以内に、専門スタッフから受講者のメールアドレス宛てにわかりやすい回答を返信します。

初めて提案書を作成される方でも確実に完成できるように、サポートいたします!

質問回数に制限がなく、返信も専門スタッフから数営業日以内にしてくれるので、初学者にも安心です。

提案書の採点は最長10営業日

提案書の採点については、以下のとおりです。

提案書の採点は、弊社に提案書が到着した日(弊社の営業時間外に到着した場合は翌営業日)から最長10営業日かかります。採点は課題の提出受付順となりますので、計画的に学習を進めていただくようお願いいたします。

提案書の採点にかかる日数が長くても10営業日と明確なので、研修の計画を立てやすいですね。

私の時は4日程度で採点してくれましたのでスケジュール的にかなりスムーズに修了させることができました。

いろいろと口コミもチェックしましたが早い採点が好評でした。

中には1日で採点されたという方もいましたし、早いスケジュールで終わらせたい人にはおすすめと言えそうです。

研修の受講期限は1年間

研修の受講期限は以下のように定められています。

AFP認定研修(技能士課程)の修了要件は、受講開始日から1年以内にAFP認定研修修了課題(確認問題と提案書)に合格することです。修了要件を満たした時点で、AFP認定研修修了証明書を発行いたします(最短学習期間は設けておりません)。なお、受講開始日から1年超経過した場合は、研修を修了することができませんのでご注意ください。

つまり、受講期間は受講開始日から1年間です。

ほとんどの人は問題ないと思いますが、仕事などで放置気味になって、気づいたら1年過ぎてしまったといったことがないようにしましょう。

修了証明書は修了日の翌営業日に発送

確認テストと提案書課題が完了すると、アーティスが研修を修了された日の翌営業日に修了証明書を送ることになっています。

自分の時は普通郵便で送られてきました。普通郵便だと地域によっては日数がかかるかもしれません。

研修の修了後すぐ送付してくれて、送るまでの日数が明確なのは大変わかりやすいですし、研修のスケジュールをたてやすいでしょう。

修了後は日本FP協会にてAFP資格登録手続き

修了後は自動でAFP認定されるのではなく、送られてきた修了証明書に記載されている「AFP認定研修の受講者番号」を元に、日本FP協会へAFP認定の申請を行うことになります。

手続きの方法としては、オンラインと郵送の2つから選ぶことが可能です。

オンライン申請の大まかな流れは以下の通りです。

1)オンラインから仮登録申請
2)案内メールを元にオンラインから本登録
3)手続き完了に「AFP登録完了セット」が届く

※以下は実際に届いたAFPバッジ

詳しい手続きに関しては以下の協会公式ページをご確認ください。

⇒日本FP協会「AFP資格登録手続き」をチェック

アーティスのFP2級通信講座(基本課程)

アーティス「FP2級通信講座(基本課程)」の特徴

・22,000円でAFP認定・FP2級合格を目指せる
・実務未経験でもAFP認定を最短で取得
・頻出分野を厳選したオリジナル問題
・eメールで質問し放題

本章では、アーティスはFP2級通信講座(基本課程)について詳しく紹介・レビューしていきます。

22,000円から受講可能

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)
講義動画付き
23,650円(税込・送料込)
2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)
〔講義動画無し〕
22,000円(税込・送料込)

上記の通り、AFP認定研修とセットで22,000円という格安の受講料となってます。

FP2級通信講座を受けつつ、AFP認定研修も修了することが可能ですし、3級を受けずにFP2級を受験したいという人にもおすすめです。

他社の講座との料金比較

アーティス 22,000円
スタディング 29,700円
アガルート 32,780円
ECCビジネススクール 59,800円
フォーサイト(基礎講座+過去問講座) 60,800円
ユーキャン 64,740円

※2022年4月時点の価格です。受講料は常に変動しますので正確な情報は公式サイトにてご確認ください。

上記の通り、FP2級講座は安いところが増えてきてますが、その中でもアーティスの基本課程がかなり安いことがおわかりいただけるかと思います。

5万以下だと他にはスタディングとアガルートがありますが、どちらもAFP認定研修は付いてないというデメリットがあります。

ECCとユーキャンは5万を超えますが、AFP認定研修込みの値段です。

合格率の高さに注目すれば、フォーサイト(80%以上)とECC(全国平均の2倍以上)がという実績が魅力です。

正直、FP2級はそこまで難関資格ではありませんので、どの講座を選んでも、しっかり勉強すれば十分合格は可能だと思います。

以上から、アーティスが価格の安さやオンライン学習環境、サポート体制、AFP認定研修の有無の全てを兼ねそろえており、総合的に見て一番おすすめです。

\最短でコスパ最強・公式サイトはこちら/

安いFP2級通信講座おすすめ5選!徹底比較しました!【2022年最新】

続きを見る

教材・カリキュラム

基本課程の教材・カリキュラムは以下の通りです。

2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)
〔講義動画付き〕
講義動画
FP総論
冊子版学習テキスト(上下巻2冊)
WEB版学習テキスト
理解度チェックテスト
レベルチェックテスト(模擬試験)
過去問題
AFP認定研修課題(確認問題、提案書)
AFP認定研修テキスト
動画でわかる提案書課題
模擬試験分析(スコアシート)
要点暗記帳
質問メール受付サービス
2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)
〔講義動画無し〕
FP総論
冊子版学習テキスト(上下巻2冊)
WEB版学習テキスト
理解度チェックテスト
レベルチェックテスト(模擬試験)
過去問題
AFP認定研修課題(確認問題、提案書)
AFP認定研修テキスト
動画でわかる提案書課題
模擬試験分析(スコアシート)
要点暗記帳
質問メール受付サービス

上記の通り、低価格ながら教材が充実していることがわかります。

講座内で使われる教材を1つ1つ見ていきましょう。

・Web版学習テキスト

イラストや図表が充実しててわかりやすいテキストをオンラインで見ることができます。

外出先でがさばるテキストをバッグから出して、周りを気にしながら読む必要がなくなるだけでもかなり便利なのではないでしょうか。

通勤電車の中などでも利用しやすいはずです。

・冊子版学習テキスト

Web版だけでなく紙媒体テキストも用意されています。

Web版は便利ですが、紙媒体のテキストでないと何となく勉強がしづらいという人もいると思います。

また、ネット環境がない場所にいることが多いなら冊子版学習テキストがあったほうがよさそうです。

ご自身との相性や学習環境に応じて使い分けるのがベストでしょう。

・理解度チェックテスト(練習問題)

6分野別に約500問というかなりの量の問題が用意されています。

実技試験も以下の通り科目別に多くの問題で演習できます。

個人資産相談業務:約80問
生保顧客資産相談業務:約60問
資産設計提案業務:約90問

独学だと実技試験は意外にてこずる科目でして、市販の問題集にも実技試験向けの問題集はありますが、量が少ないものが多いです。

市販の本だけで本試験に臨み、学科は合格だったが、実技で落ちたという口コミは意外に少なくないです。

本講座で実技試験対策をしっかりやれば、本試験でも実技試験で足元をすくわれるリスクを抑えれるでしょう。

・レベルチェックテスト(模擬試験)

練習問題とは別に3回分の模擬試験を受けることができます。

実際のところ、FP2級は模試受ける必要はないと考えている人も少なくないと思います。

他社の模試(TACやLEC)だと1回3,000円ほどかかりますので、模試を受けるお金がもったいないというのもあるでしょう。

ですが、前述の通り、実技で合格点に届かないというケースもあるので、できれば模試も受けておきたいところです。

本講座だと模試3回分(他社で受けたら1万程度)を受けれるのでかなりコスパがいいですし、本試験前に実力と弱点をチェックできれば、合格可能性を大きく高めることができるでしょう。

・過去問題
さらに過去問5回分を解くことができます。

FP2級はここ数年分の過去問内で同じような論点を繰り返し出題してきますので、過去問演習は大事です。

この5回分というのはちょうどいい範囲、ボリュームで学習効果が高いと思います。

逆にこれ以上ボリュームがあると余計に勉強時間を消費する可能性もあります。

テキストや講義で理解を深めたら過去問を完璧にするつもりで復習を重ねればきっと合格ラインに達するはずです。

\最短でコスパ最強・公式サイトはこちら/

アーティス「AFP認定研修講座」の口コミや評判は?

アーティス「AFP認定研修講座」に関する口コミや評判をまとめてみました。

いろいろ口コミをチェックしましたが、1万を切っていてコスパが良く、研修が進めやすいと評判でした。

2級合格前に受講したという口コミもありました。

また、3級を飛ばしてAFP認定され、その受験資格を元に2級を合格されたという方もいます。

受講のタイミングは人それぞれであることがわかります。

2級合格前に受講された方も少なくないという点からも、カリキュラムは決して難しくなく、未経験でも安心して進めることができることの表れと言えるのではないでしょうか。

他の方の体験談やレビューを見てもやはり料金や質問・フォロー体制の良さを説いている方が多いです。

提案書の点数も口コミを見る限り高い点数ばかりなので、難易度も高くないと言えそうです。

まとめ

アーティスのAFP認定研修を中心に解説してきましたが、以下ポイントをまとめます。

・受講費用が安い
・最短1週間から2週間で修了
・決済後その日から受講開始できる
・提案書の採点は最長でも10営業日
・通信講座だがサポート体制も充実

大手と比較してもいろいろとメリットがあることがわかりました。

コストをかけず、最短距離でAFP認定を得たいなら大変おすすめです。

※当ブログではFP資格に関する情報を多く載せてますのでぜひ本記事と合わせてご覧ください。

FP資格(試験の種類・受験資格・勉強法・受験申請)を全解説!

続きを見る

  • この記事を書いた人

エムツー

業界未経験からFP2級・AFP認定を取得しフリーランスのファイナンシャルプランナー・行政書士・ライターとして活動中 | FP試験の教材・講座やAFP認定等について情報を発信 | 執筆・相互リンク等の各種ご相談はお気軽にお問い合わせください | ⇒運営者情報

-FP