FP

FP資格を名刺に書く際の正しい記載方法や注意点とは?

悩む人
FP資格を名刺に書きたいがどう書いていいのかわからない。FP資格を名刺に書いて意味あるのかな?

上記のような悩みを抱えていませんか?

FP資格の正式名称についてあまり意識したことがないという人も少なくないかと思います。

そこで本記事では、FP資格を名刺に書く場合の注意点等について書いていきます。

FP資格の名刺への正しい記載方法

FP技能士を名刺に記載するケース

日本FP協会にてFP技能士資格を名刺へ書く場合の正しい記載例が挙げられてます。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・・・ 業務名の省略は可。
3級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
※下線部分に1、2、3の級が入る。
参考:日本FP協会「技能士の表記について(名刺等への表示について)」

一方、間違った例としては以下の記載例が挙げられてます。

1級FP技能士 ・・・ 職種名を正しく表示しなければならない。
ファイナンシャル・プランニング技能士 ・・・ 等級を表示しなければならない。
3級ファイナンシャル・プランニング技能士(厚生労働省認定)・・・ 厚生労働省認定ではない。
※下線部分に1、2、3の級が入る。

上記の通り、一見すると問題なさそうに見えますが、記載方法としては間違いです。

名刺に書く際は正しい記載方法に従うよう注意しましょう。

AFP資格を名刺に記載するケース

AFP資格を名刺に書く場合も以下の通り正しい記載方法があり、日本FP協会にてそのルールを確認できます。

AFPロゴマークの図形(炎と象徴)とAFPの頭文字をデザイン化した部分で構成されており、これらは常に一緒に使用する
AFPロゴマークの印刷色は指定されてものを使用する
名前のそばに「AFP」または「AFP(日本FP協会認定)」を記載する
会社名・肩書き・AFP資格以外の保有資格の近くに「日本FP協会認定」は記載しない
参考:日本FP協会「AFPマークの使用について」

上記の通り、いくつか注意点があることがわかります。

FP技能士とはまた違ったルールですので、両方を区別して名刺に記載するよう注意しましょう。

AFPが認定されれば、日本FP協会所属ということとなり、より権威性が高まり、顧客への信頼性が増します。

FP2級取得済みの方はぜひAFP認定についても検討してみましょう。

ちなみに、AFP認定研修講座は最安ならアーティス社の提供する講座が8,800円で受講可能です。

\業界最安でコスパ最強・公式サイトはこちら/

アーティス「AFP認定研修」は最短2週間以内&8800円で修了可能!【体験レビュー】

続きを見る

【2022年最新】AFP認定研修講座おすすめ4選!最安はどこ?

続きを見る

FP資格を名刺に書くメリット

FP資格を名刺に書くと以下のようなメリットがあります。

・FP(ファイナンシャルプランナー)としてのスキルを証明できる
・FP(ファイナンシャルプランナー)としての信頼性を高めることができる
・FP資格について説明する機会が生じる

FP資格を取得するのは営業をされている方が多いかと思いますが、何も資格がないと相手としてもちょっと不安になるかもしれません。

FP(ファイナンシャルプランナー)という仕事は最近認知度が上がってきてますし、AFP認定されて日本FP協会にも所属しているとなれば権威性も高めることができるでしょう。

FP資格を名刺に書く場合の注意点

FP3級は書くべきか?

意見が分かれるところではありますが、FP3級は難易度が低いので逆に名刺には書かないほうがいいという意見が多い印象です。

「3級までしか受からない人なのかな?」、「2級以上受けるモチベアップがないのかな?」と思われてしまうリスクもあります。

FP3級取得でもその努力は認められるべきですし、自己研鑽の結果であることは間違いないのですが、上記のようなリスクも踏まえて名刺に書くか判断したほうがよいでしょう。

なお、FP2級がどうしても受からないという人は通信講座の受講を検討したほうがよいです。

安いFP2級通信講座おすすめ6選を紹介!比較検討しました!

続きを見る

得意分野も合わせて書く

名刺にFP資格取得者というだけ書いてもあまりアピールとはなりませんので、得意分野や実績ある分野も合わせて書くようにしましょう。

そうすることで相手にも覚えてもらいやすくなりますし、相手が関連した分野で相談したい状況となったらあの人に聞いてみようとなりやすくなるはずです。

FP資格自体試験範囲は広いですが、仕事をしていく上では何かしたら得意分野を作っていくことが大事です。

まとめ

FP資格を名刺に書く際には正しい記載方法があることがわかりました。

FP資格は認知度が向上しつつあるので、ぜひ名刺にも書いて顧客にアピールしていきたいところです。

加えて、アピールを資格だけに頼らず、自分独自の強みとなるような得意分野も作っていきましょう。

※当ブログではFP資格に関する情報を多く載せてますのでぜひ本記事と合わせてご覧ください。

FP資格(試験の種類・受験資格・勉強法・受験申請)を全解説!

続きを見る

-FP