FP

FP2級のテキスト・問題集が古い場合に買い替えは必要?何年前までがセーフ?

FP2級に合格できず再度受験する場合にテキスト・問題集の買い替えが必要か悩む人は多いのではないでしょうか。

FP2級のテキスト・問題集は毎年発売されますので、なるべく新しいので勉強したほうがよいのは当然ですが、お金はかかるし、せっかく愛着ある問題集を手放したくないと思うかもしれません。

本記事では、FP2級のテキスト・問題集の買い替えについて考察してみたいと思います。

※年度落ちのテキスト・問題集を買う場合は、様々なシリーズがありますので、それぞれチェックしておきましょう。

ライター情報
本記事は業界未経験からFP2級に働きながら1ヵ月で一発合格した現役FPが執筆しています。

【結論】FP2級のテキスト・問題集は2年以内までのものが無難

結論から言うとFP2級のテキスト・問題集は2年以内に出版されたものにしておいたほうがいいです。

ただ、2年以上前のものを使ったからといって合格の可能性が著しく落ちるというものではないです。

勉強時間があまり取れず、合格ラインぎりぎりを攻めたいという場合は、法改正部分が合否を分ける可能性があるので、2年以内までのものが無難と考えます。

以下、理由や対策を説明していきます。

なぜFP試験向けのテキスト・問題集の買い替えが問題となるのか?

本章では、なぜFP試験向けのテキスト・問題集の買い替えが問題となるのかについて説明していきます。

法改正部分に対応する必要がある

買い替えをしない場合のデメリットとして一番大きいのは法改正関連の問題に対応できないことです。

FPの試験範囲となる科目では頻繁に法改正がされるので、本試験で法改正部分が集中的に出題されたら多く失点してしまうリスクがあります。

特に頻出論点である年金や税金の分野は毎年のように法改正されるため、できるだけ最新の情報をアップデートしていかなければなりません。

法改正部分は全体としてはそれほど多くはありませんが、合格できるかぎりぎりの実力の方は合否を分ける可能性があるので、対策しておいたほうがよいでしょう。

最新の問題傾向に対応できない

FP試験自体は急激に難化しているという傾向はないですが、少しずつ新しい問題や論点は出題されてます。

あまりに昔のテキスト・問題集を利用していると、近年よく出題されるような論点や問題の傾向に対応できないリスクがあります。

特に実技試験は毎年いろんな形で問題が出題されますから、最新の傾向やいろんな問題のパターンに慣れておいたほうがよいでしょう。

何年前のテキスト・問題集までが使えるのか

買い替えが必要といっても、何年前のテキスト・問題集かによって変わります。

昨年のテキスト・問題集であれば法改正部分はより少ないでしょうし、法改正部分だけを予備校などのサイトで確認するという方法である程度アップデートできるでしょう。

目安となる年度を明確に言うのは難しいところですが、2年以上前のテキスト・問題集だとネット上での法改正部分の確認が困難となるので、なるべく避けたほうがいいかもしれません。

法改正部分を全部落としても確実に得点できるくらいに実力を高める自信があれば古いテキスト・問題集を使っても合格は可能でしょう。

FP試験関連で法改正情報が確認できるサイト

法改正情報が確認できるサイトをいくつかリンクも合わせて紹介していきます。

・TAC
TAC出版のFP対策本を購入した人向けに法改正情報を提供しています。
⇒TAC「法改正情報」

・山田コンサルティンググループ
ここ2年の法改正情報を載せていてわかりやすいなと思いました。
⇒山田コンサルティンググループ「FPに関する制度改正のポイント」

どこも法改正情報はここ2年内のものを掲載している感じですので、やはり法改正を気にして問題集を購入するなら2年内がギリギリセーフかなと思います。

【買い替えで悩んでいる人向け】FP試験向けテキスト・問題集の選び方

本章では、FP試験向けテキスト・問題集の選び方について説明していきます。

年度落ちは中古で安く買える

買い替えを悩んでいる方は教材になるべくお金をかけたくないケースが多いのではないでしょうか。

年度落ちの中古のテキスト・問題集をアマゾンなどで安く購入できますので、昨年の問題集を選択するというのもアリだと思います。

去年のものだと中古では半額以下で買えることが多いです。

例えば、以下は年度落ちの「みんなが欲しかった」のテキストですが、Amazonでは中古で1,000円を切っています。



ただ、注意点としては、できれば法改正部分を落としても余裕をもって合格できるくらいに情報量の多いテキスト・問題集を選んだほうが良いです。

問題集によっては、最小限の勉強で合格できるという売り文句のために、ぎりぎり合格できる程度の情報量しかないものも見受けられるからです。

中古で安く買えるかだけで購入を決めてはいけません。

FP2級のテキスト・問題集は複数ありますから書店で最新版を手にとるなり、アマゾンのレビューを見るなりして、よく検討した上で選ぶようにしましょう。

FP2級テキストのおすすめ7選を紹介!徹底比較しました!【2022年最新】

続きを見る

テキストは買わず問題集だけで勉強する

あまりおすすめはできませんが、買い替えのコストを減らすならテキストは買わず、問題集だけ買うという選択肢もあります。

問題集の解説だけで理解しないといけないので、論点によっては理解が不十分のままとなるリスクがでてきます。

問題集だけで勝負するなら解説がしっかりしているものを選びましょう。

個人的なおすすめは史上最強シリーズです。

数あるテキスト・問題集の中でも網羅性がかなりあるので、安心して勉強を進められます。

また、TACが出しているスッキリわかるシリーズはテキストと問題集が一体型です。

他の問題集も合わせて比較した記事を書いてますのでぜひ参考にしてください。

FP2級問題集のおすすめ5選を紹介!徹底比較しました!

続きを見る

買い替えをしたくない人はきんざい・FP協会公式サイトの過去問を解く

どうしても買い替えをしたくないという人は、ネット上にある最新の過去問を解いて本試験を迎えるという手もあります。

きんざい、FP協会ともにここ数年の本試験過去問をアップしてます。

⇒きんざい公式で本試験過去問をチェック

⇒FP協会公式で本試験過去問をチェック

FP2級に何回も落ちているようなら通信講座も検討する

FP2級は比較的簡単な資格と言われがちですが、半分以上は落ちますし、働きながら勉強されている方が多いと思いますので、決して楽な試験ではないです。

もし、何回も落ちてしまっているような場合は、通信講座の受講も検討したほうがいいです。

受験料や買い替えの費用も馬鹿になりませんから、通信講座を受けて一発で受かりましょう。

安い通信講座なら2万弱くらいからありますので、独学とあまり変わりません。

安いFP2級通信講座おすすめ6選を紹介!比較検討しました!

続きを見る

個人的なおすすめは2万弱でFP2級講座とAFP認定研修がセットとなっているアーティス社の基本課程と、スマホでスキマ時間に学習ができるスタディングです。

※アーティスとスタディングの詳しい講座情報は下記の記事をご覧ください。

スタディングFP講座の徹底レビュー!評判や口コミは?

続きを見る

【まとめ】FP2級のテキスト・問題集は買い替え必須ではないが法改正は要チェック

いかがでしょうか。

買い替えは基本的にはしたほうがいいですが、本当にお金がないなら1年、2年前くらいまでのなら許容範囲だと思うので、そちらの中古本を買いましょう。

ただし、法改正部分は落とすが他は完璧にするか、時間はかかるが法改正部分を予備校などの公式サイトでチェックしていく必要があります。

何年も落ちているようなら通信講座を受講して、しっかり合格できる力を身につけるようにしたいところです。

※当ブログではFP資格に関する情報を多く載せてますのでぜひ本記事と合わせてご覧ください。

FP資格(試験の種類・受験資格・勉強法・受験申請)を全解説!

続きを見る

-FP