FP

FPやAFPの履歴書への記入方法を解説!何級から書くべき?

悩む人
FP資格を履歴書に書く場合は何級から書くべきかな?正しい記載方法もよくわからない。

上記のような疑問を抱えていませんか?

一般的にFP3級、FP2級といった感じで呼ばれることが多いですが、履歴書に書く名称となると何て書けばいいのか迷いますよね。

また、FP3級は履歴書に書いたら逆にマイナス評価になるのでは?不安になる人もいるかと思います。

そこで本記事では、FP資格の履歴書への記入に関して説明していきたいと思います。

FP資格の履歴書への記入方法

本章では、FP資格の履歴書への記入方法について説明していきます。

FP技能士検定のケース

FP2級、FP3級と言われることが多いですが、正式には「〇級ファイナンシャル・プランニング技能士」であり、この名称で履歴書に記入する形となります。

FP2級なら「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」と履歴書に記入します。

FP〇級といった通称や、ファイナンシャルプランナーといった書き方はしないようにしましょう。

名刺に記入する時も同様に正式名称に注意する必要があります。

FP資格を名刺に書く際の正しい記載方法や注意点とは?

続きを見る

AFP認定のケース

AFP認定も一種の資格ではありますが、AFP認定研修を経て、日本FP協会によって登録、認定される民間資格なので、「取得」ではなく、以下の通り「登録」と書くのが正しいです。

・日本FP協会 AFP 登録

このようにAFP認定を履歴書に書く場合は、FP技能士検定のケースと異なりますので注意しましょう。

AFP認定は研修を通じてファイナンシャルプランナーとしての実務寄りのスキルをアピールできますので、FP技能士検定取得と合わせて認定されることをおすすめします。

私は8,800円で受講可能なアーティス社の「技能士過程」を受講しました。

\業界最安でコスパ最強・公式サイトはこちら/

【2022年最新】AFP認定研修講座おすすめ4選!最安はどこ?

続きを見る

アーティス「AFP認定研修」は最短2週間以内&8800円で修了可能!【体験レビュー】

続きを見る

FP資格の履歴書への記入に関するポイント

本章では、FP資格の履歴書への記入に関する注意点について説明していきます。

FP資格は何級から履歴書に書くべき?

一般的にFP資格はFP2級から評価されやすい傾向にはあります。

FP2級は、数ヵ月の学習期間が必要で、合格率もやや低く、難易度は決して低い試験ではありません。

一定の知識と能力をアピールできますのでFP2級はぜひ履歴書に記入しておきたい資格と言えます。

安いFP2級通信講座おすすめ6選を紹介!比較検討しました!

続きを見る

FP3級は履歴書に書くべきなのか?

FP2級以上が評価されやすいですが、かといって、FP3級は履歴書に記入するべきではないというわけではなく、金融や保険、不動産といった業界の職種に応募する場合、一定の評価はされるでしょう。

FP3級自体は簡単すぎてアピールにはならないという意見もありますが、無資格よりはマシですし、資格取得の目的や、試験勉強を通じて学んだ内容をしっかり言うことができればアピールとなるはずです。

また、FP2級を目指して学習中であることも履歴書に記入したり、面接時に言えたりすれば、高評価となるでしょう。

とりあえず履歴書に書く資格が欲しいという人はFP3級の取得から検討してみてはいかがでしょうか。

FP3級のテキストおすすめ6選!徹底比較しました!

続きを見る

FP資格を活かせる業界・職種

一般的には、以下の業界・職種にてFP資格を活かせます。

保険・証券の営業職
不動産営業・事務
一般企業の総務・人事職
税理士・会計士事務所
独立系FP事務所

FP資格がカバーする分野はとても広いので、上記以外でも勉強した内容と関連性があるなら積極的にアピールしていくことが大事です。

大学生ならFP資格は何級取るべき?取得して評価される?

続きを見る

会社員としてFP資格が活かせないならどうする?

FP資格で転職活動を検討していたが、なかなかアピールできずに悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

また、会社員に転職する以外の活かし方も検討しているという人もいるかと思います。

そんな方には、FPを以下のような副業として取り組むというのもおすすめです。

・相談業
・Webライター
・セミナー講師
・ブログ

近年では、クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングサイトも増えてますので、案件を獲得しやすくなってます。

私自身、FP資格でWebライターを経験しておりますが、副業でも月5万~10万くらいなら稼げます。

また、ブログに関してもFP有資格の知見を活かして情報発信すれば月数万程度なら可能です。

FP資格を活かしきれてないなと感じたら副業も検討しましょう。

※FPの副業については、以下の記事にて詳しく解説してますのでぜひ併せてご覧ください。

FP有資格者はブログで収入&スキルアップ!始め方を徹底解説!

続きを見る

FP資格者はWebライターが在宅ワークに最適!始め方を徹底解説!

続きを見る

まとめ

FP資格は幅広い業界にて認知度があり、面接のネタにしやすいと思います。

履歴書に記入する際は、略称や通称ではなく、正式名称にて記入することが大事です。

FP2級でも3級でも応募時・面接時にしっかりアピールできるようにしましょう。

当ブログではFP資格に関する情報を多く載せてますのでぜひ本記事と合わせてご覧ください。

FP資格(試験の種類・受験資格・勉強法・受験申請)を全解説!

続きを見る

-FP